再生産 1 48 中島 B5N2 JT76 プラモデル ハセガワ 九七式三号艦上攻撃機 最安値 1139円 【再生産】1/48 中島 B5N2 九七式三号艦上攻撃機【JT76】 プラモデル ハセガワ ホビー プラモデル・模型 ミリタリー 戦闘機・戦闘用ヘリコプター 1139円 【再生産】1/48 中島 B5N2 九七式三号艦上攻撃機【JT76】 プラモデル ハセガワ ホビー プラモデル・模型 ミリタリー 戦闘機・戦闘用ヘリコプター ホビー , プラモデル・模型 , ミリタリー , 戦闘機・戦闘用ヘリコプター,www.drparastooamini.com,B5N2,九七式三号艦上攻撃機【JT76】,中島,【再生産】1/48,ハセガワ,/nbexj01781804.html,1139円,プラモデル ホビー , プラモデル・模型 , ミリタリー , 戦闘機・戦闘用ヘリコプター,www.drparastooamini.com,B5N2,九七式三号艦上攻撃機【JT76】,中島,【再生産】1/48,ハセガワ,/nbexj01781804.html,1139円,プラモデル 再生産 1 48 中島 B5N2 JT76 プラモデル ハセガワ 九七式三号艦上攻撃機 最安値

再生産 1 定番 48 中島 B5N2 JT76 プラモデル ハセガワ 九七式三号艦上攻撃機 最安値

【再生産】1/48 中島 B5N2 九七式三号艦上攻撃機【JT76】 プラモデル ハセガワ

1139円

【再生産】1/48 中島 B5N2 九七式三号艦上攻撃機【JT76】 プラモデル ハセガワ




【返品種別B】
「返品種別」について詳しく
2020年02月 発売


※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。


【商品紹介】
ハセガワ 1/48 中島 B5N2 九七式三号艦上攻撃機です。

1935年、日本海軍は三菱、中島両社に対して十試艦上攻撃機の名で試作を命じました。

海軍の要求は、当時採用されたばかりの九六式艦上攻撃機よりも格段に高いもので、試作要求を受けた中島では、海軍機の主要機種の競争でいずれも三菱に敗れていることから、社運をかけて開発に臨みました。

数々の新機軸を盛り込んだ九七式艦上攻撃機は、日本海軍機としては初の全金属製モノコック構造の低翼単葉艦上攻撃機です。
画期的な油圧式引き込み主脚を採用、胴体の幅は、操縦席付近が最大で3座機としては細く絞られています。
上方折りたたみ主翼の採用で全幅が短縮され、空母内の格納スペースを小さくできます。
プロペラは、全金属製2段可変ピッチ3翅プロペラの採用により、離陸、上昇、巡航、高速時、それぞれの状況に応じてエンジン出力を効率よく発揮、性能は格段に向上しました。

1937年11月16日、九七式1号艦上攻撃機(B5N1)として制式に採用、当初予定の「栄」エンジンではなく300hpもパワーが小さい「光」エンジンの搭載となりましたが、海軍の要求を上回る高性能でした。

1938年秋
「栄」エンジンの実用化に目処が立ちこれを搭載、

1939年12月、九七式3号艦上攻撃機(B5N2)として制式採用、中島での量産は3号型に切り替えられました。

1941年12月、太平洋戦争開戦となる真珠湾攻撃に参加し、6隻の空母に搭載された九七艦攻は爆弾、魚雷による集中攻撃でアメリカ太平洋艦隊の艦艇に致命傷を与え大戦果をあげました。
なかでも雷撃不能とされた浅深度海面の雷撃を成功させたのは本機の高性能とあいまって特筆に値します。

ハワイ作戦以降もソロモン、南西太平洋、インド洋などでも第一航空艦隊の各空母に搭載された九七艦攻は零戦、九九艦爆とともに活躍しました。

【データ】

  • 乗員:3名
  • 全幅:15.518m
  • 全長:10.3m
  • 全高:3.7m
  • エンジン:中島「栄」11型(空冷式複列星型14気筒)
  • 離昇出力:1000hp
  • 最大速度:378km/h(高度3600m)
  • 武装:7.7mm機銃(胴体後上方)
  • 爆弾:800kg×1 / 250kg×2 / 60kg×6 / 30kg×6
  • 魚雷:800kg×1


  • 【商品仕様】
  • 1/48スケール
  • 未塗装
  • 組立キット




  • (※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

    【再生産】1/48 中島 B5N2 九七式三号艦上攻撃機【JT76】 プラモデル ハセガワ

    MACHINE VISION OPTICS

    FA用カメラに対応したレンズの開発・製造をしています

    2016年9月に創業30周年を迎えた当社では、ますます大型化・高精細化していくFA用カメラに対応した最先端設計レンズから、コスト重視の汎用品レンズまで、幅広く取り揃えています。

    CASE STUDY

    Opto Engineering(オプトエンジニアリング)社はイタリアに本拠を置く光学系レンズメーカーです。当社オプトアートは日本における唯一の販売代理店です。

    ※海外製品のため為替変動により毎月価格の見直しを行っています。
    ※当社は日本国内のみの販売です。